Nice to teeth you!

cover

About

Dr. Keiichi Murakami

【略歴】
日本歯科大学東京校 昭和60年卒業。卒業後、矯正歯科を30年以上臨床経験しながら独自にマウスピース矯正システムを開発。

【取得資格】
日本歯科医師免許・中国歯科医師免許

Image

私の思い

日本人の細い顎、歯列にあう矯正システムを35年以上研究してきました。マウスピース矯正システムを独自に考案し、多くのユーザーに喜んでもらっています。
私は長年、海外産マウスピース矯正や質の悪い新しいマウスピース矯正が引き起こした、「歯が動かない」というトラブルを、助っ人として解決してきました。
これは欧米人と異なり、顎の小さいアジア圏の方にベストフィットした矯正システムが無く、そもそも歯が移動しないシミュレーションとなっていることが根本の原因です。

一番重要なシミュレーション工程の、海外への「丸投げ」が常態化しているのは歯科マーケットが抱える大きな問題だと思っています。
昨今も、安さをウリにした矯正システムがSNSを賑わせていますが、同じ医療上の問題をはらんでいます。約束もできない簡易シミュレーションを見せて即日購入を迫るなど、医療を笠に着た押し売り、騙し売りと感じます。火薬庫が日々膨らんでいる状態です。
私はこのことに大きな危機感を抱いていました。

Oh my teeth の活用

私が使用しているOh my teethのプラットフォームは、そのような問題を解決し、医療人とユーザーのフェアな文化を実現する提案と言えます。
日本人向けに独自開発した矯正ソフトウェアでデザインされる高い矯正品質。データの透明性、可視性をテクノロジーで妥協せず高めながら、ユーザーに意思決定をさせる。AI活用もしながらチームで矯正を治療していく。ユーザーの矯正体験をテクノロジーで変えていく。
どれもこれまでの歯科矯正の世界には無かったコンセプトです。
是非この新しい体験をみなさんにも経験していただきたいと思います。